前向きに生きるための風俗

疲れを見せない彼女でした

彼女に迎え入れられてハグをした瞬間、彼女の体が熱いことに気付きました。覚ます時間もないほど、かなり押しているのかなって。それに一人相手をしただけとは思えないくらい息も切れていたので、その日はそれなりにお客の多い日だったのかなとか考えつつも、それなら彼女も疲れているだろうからある程度は仕方ないのかなとかも思いました。でも彼女、そこは風俗嬢としてのプライドなのか、疲れているであろうと思ったものの、かなり頑張ってくれましたね。風俗って何をしてもらうのかも大切ですけど、肉体的なことだけじゃなく、気持ちも大切だと思うんですよ。疲れているのにこれだけ頑張ってくれているというその事実が、自分の興奮を高めてくれたんですよね。それだけでも自分の中では大満足でしたけど、その後も疲れを感じさせないこちらへの奉仕の数々。それだけで自分自身、相当な満足感をもたらしてもらえたんじゃないかなって思いますし、最高の時間を味わえましたね。

なぜかは分かりますけどね

なぜ風俗の頻度が増えているのか。それは他ならない自分がよく分かります。なぜなら、風俗が楽しくなってきたんですよ(笑)きっと自分なりに緊張していたんでしょうね。だからそれまでは風俗でも相手に失礼のないようにとか、相手のことを考えようとか、ビジネスライクに向き合っていたような気がするんですけど、とある風俗嬢に「堅苦しいよ」と冗談交じりに言われたんです。それでフランクに話そうと心掛けるようになったんですけど、そうすると楽しさが倍増と言うか、それまでよりも断然楽しいなと気付かされることになったんですよ(笑)フランクに、まるで風俗嬢と友達なんじゃないかってくらいにいろいろと話していると、それがやたらと楽しいんです(笑)そこで気付いたんです。風俗はビジネスライクに向き合うよりも、フランクに相手の懐に飛び込むくらいの方が楽しめる世界なんだなって。だからそれに気付いてからは、女の子に普通に話しかけるようになりましたね。