前向きに生きるための風俗

「男だから」は言い訳になる

既婚者ですけど、風俗にはよくお世話になっています。男だから仕方ない。そう自分に言い訳をしています(笑)妻には感謝していますけど、何年も一緒にいれば刺激は薄まってしまいますよね。そうすると、刺激を妻にではなく外に求めるのは当たり前なんです。でも浮気はさすがにリスクが高すぎますので、それなら風俗にって思って風俗を楽しんでいるんです。好みのジャンルはないんですけど、ただ若い子がいいですね(笑)日常生活の中で若い女の子との接点さえもなくなりつつありますので、若い女の子が恋しくなってくるんですよ(笑)妻には申し訳ないんですけど、妻とはもう肌の張りとかが全然違うんですよ。だからあの肌触りを味わってしまうと、余計妻とはもうそういった気持ちにならなくなってしまうんですよね。だから性欲は風俗で満たすようになりました。男である以上、性欲は本能的なものだと思うので、これはもう自分でコントロール出来るものじゃないんです(笑)

理想の時間をどうするのかですよね

風俗は理想の時間そのものではあるんですけど、だからと言ってどうするのかっていう問題もあるじゃないですか。オーソドックスに楽しむのもそれはそれでとっても楽しいんですけど、それだけじゃないのもまた、一つの事実ではあるんですよね。だからそこをどうするのか。これが自分の中での大きなテーマだったりするんですけど、個人的には風俗はオプションこそ醍醐味かなって思っているんですよ。オプションによって、自分の性癖の痒い所に手が届くというか、自分だけの楽しさが待っていると思うんです。だから自分はオプションは欠かせないですね。特によくやるのが目隠し。それは相手を目隠しするのではなくて、自分が目隠しするんです。これだけでも全然違うものなんですよ(笑)もしかしたら自分はマゾの気質があるんじゃないかなとも思いますしね。もちろんそれ以外にもいろいろとありますけど、目隠しが自分の中では手軽で一番お世話になっているオプションですね。